In Birth Day

In Birth Day IBDの潰瘍性大腸炎が毎日を素敵にしたいサイト

G-capの潰瘍性大腸炎治療体験談。入院1日目で副作用も発症

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎入院した初日からG-capの治療をしました。G-cap自体は90分で終わるし、テレビも付いている部屋で大丈夫だったんですが、副作用の頭痛に、あとから苦しむことになります。

f:id:uuuta1122:20190228122917j:plain

入院1日目の夜にG-capをすることになった。

潰瘍性大腸炎で、即日の緊急入院をすることになった1日目。夜の19時から、初のG-capをすることになりました。

(入院1日目のこれまでの流れはこちら→)
www.kotokotostorys.com

18時ごろに、麻酔のシールを両腕に貼って、1時間がたった、19時から、透析室ではないですが、G-capの専用の部屋でスタートです。

スポンサー広告



麻酔シールのおかげ?針は痛くないが両腕が使えない!

G-capは針が普通の注射の針よりも太いんですが、麻酔のシールを貼っているので、そこまで痛くないです。

が、G-capは右も左も、両腕に針を刺すので、腕が使いにくくなります。

f:id:uuuta1122:20190228122932j:plain

90分、腕が使いにくくなるということで、G-capの部屋では1人ずつ、ちょっと良い椅子と、テレビが置いてくれてありました。

G-キャップの治療とは?顆粒球除去療法で、L-capは白血球だから違う

G-キャップはと顆粒球除去療法が正式名称です。

90分くらいかけて、ゆっくり、片方の腕から血をとって、機械で血を綺麗にして、片方の腕に戻す。という作業をします。

で、この血を綺麗にする。の意味は、と顆粒球をとるってことです。

ちなみに、白血球の除去は、L-capですよね。私がしたのは、G-capになります。

針を刺してもらったら、90分、テレビをして過ごす。気分が悪くなることはないが、スマホは難しい

針を刺してもらったら、90分、テレビを見たりして過ごします。

血はゆっくり循環しているからか、気分が悪くなることもありませんでした。

が、両腕のまさに関節に刺されるので、「スマホOKですよ。★」って技師さんに言われますが、使う気分にはなれませんでした。

f:id:uuuta1122:20190228122948j:plain

腕の関節に刺されているから、やっぱり、腕を動かしたくないじゃないですか。

Gキャップのときのトイレが大変過ぎる。

抜いてくれえれば良いのに・・・。と思いつつ、G-capしているときも、栄養剤とステロイドの点滴は刺さってたし、ちゃっかり流れていたんですよ。

90分も点滴で栄養剤の水分も打たれるから、G-capの最中に行くトイレがすっごく辛かったです。

両腕がコードだらけですから。

副作用が起きるのは3割。終了後2時間してから激しい頭痛

先生から、G-capで副作用が起きるのは3割程度と聞いていました。

実際に、治療が終わって、入院の部屋に戻ってきたのは、21時だったし、そのときの体の状況は普段通りでした。

で、夜で消灯やから寝たんですが・・・・

夜中の11時くらいに、激しい頭痛で起きました。

f:id:uuuta1122:20190228123007j:plain

痛いってもんじゃなく、めちゃくちゃ痛かったので、ナースコールを押すと、看護師さんから錠剤の鎮痛剤をもらいました。

錠剤の頭痛薬が効かなくて、点滴になった。

が、この錠剤の頭痛薬は全然、効きませんでした。

ちなみに、普段は頭痛もちとかではないので、かなり久しぶりの鎮痛剤なので、耐性があるわけでもないです。


また、ナースコールを押して、看護師さんに伝えると、今度はかなり強いらしい点滴の鎮痛剤になりました。

この点滴でやっと痛みは治まって、無事に朝まで寝ることができました。


ちなみに、翌日に痛みや、副作用は出現していません。

では、次回の記事では、入院2日目について書きます。

www.kotokotostorys.com

オマケ G-capの効果と頻度

G-capは、初回のときから先生に、週に2回を5週間続ける。と言われていました。

なので、入院は1か月の予定だったので、G-capの最中は、ずっと入院なのだろうな。と思っていたら、

G-capの効果か、ステロイドの効果か、毎日あって、便器が真っ赤に染まることもあった下血は、入院3日目から一気に減少し、

入院してから1週間でまったくなくなりました。で、このときから食事も出ました。

なので、結局、入院は2週間で終了。その後は、通院でG-capを受けました。

スポンサー広告



通院のときのG-capは麻酔のシールを事前にもらえた。

通院のときのG-capは事前に、麻酔のシールをもらって、自宅で貼ってから病院にいきました。(これは通院時間にもよるけど。)

で、90分治療を受けて帰る感じです。

f:id:uuuta1122:20190228123025j:plain

点滴の鎮痛剤を入院中は流してもらってましたが、通院治療になってからは、かなり強い錠剤の鎮痛剤に切り替えてもらい、それがしっかり効きました。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day