夫婦2人暮らしの家計簿。潰瘍性大腸炎の医療費は2か月で1万円になりました。

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。項目が上のカテゴリ帯で分かれています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

旦那は潰瘍性大腸炎の寛解期ですが、通院と毎日の服薬は欠かせません。さて、家計簿を書いていたときに今年の旦那の医療費も高いだろうなあ。と思ったのに、潰瘍性大腸炎の医療費、2か月で1万円でした。・・・安すぎるやろ。私より安いわ。

難病で毎日しっかり薬のんでいるのに、医療費があんまりかかっていないなんてめちゃくちゃ驚きですが、今回記事にまとめてみます。

夫婦2人暮らしの家計簿。潰瘍性大腸炎の医療費は2か月で1万円になりました。

私たちは夫婦2人くらしです。そんな私たち夫婦の家計簿はこんな感じ。

【毎月23万円の収入ボーナス抜き】
住宅ローン 44000円
車ローン  30000円
積立貯金  30000円
保険    4000円
平均光熱費 18000円
水道    7000円
NHK    2200円
携帯    3000円
有料コンテンツ 3000円
無線    3500円
ガソリン  10000円
医療費   10000円  計 約170000円

というわけで、積立貯金に出したりもしていますが、基本的に月17万円が勝手にでていくお金です。

で、、この医療費、2人分です。

スポンサー広告



ありがたいことに潰瘍性大腸炎の医療費は安い。

ありがたいことに潰瘍性大腸炎は医療費の助成をしてもらえるので、医療費が安いです。

実際に旦那の2018年の医療費を徴収書の写真をつけてまとめています。

www.kotokotostorys.com

で、旦那は2016年に一度潰瘍性大腸炎で入院していますが、そのときも医療費の自己負担上限が月に2万円だったので、2万円でした。助かりすぎる。。。!

旦那はいま、月1万円が限度額になっていて、かつ、寛解期で薬
を約2か月分もらうことができているので、実質、通院が2か月に1回で、その金額は1万円なので、月の医療費は1万円になっているんです。

私の医療費よりも安い・・・。

なので我が家の医療費は、月に1万円の計算でokなのです。助成、ほんまにありがたいですね。

潰瘍性大腸炎って食費も安く済む気がする。笑

潰瘍性大腸炎って、牛肉とか、外食とかがあんまり良くないから、寛解期は食事制限がないとはいえ、適度に健康的な食生活をしなきゃいけない病気です。

ということで、健康志向が一番な潰瘍性大腸炎の食事事情。

私たち夫婦も食費は月3万円なので、食費は安くしやすくて、ありがたいです。

もともとお酒ものめないし。

けど、しいと言ったら、旦那のR-1が毎日130円で高いかなあ。その分、健康でいてくれるので良いのですが。。。

私は十勝ヨーグルトです。好きです。




スポンサー広告


当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day