In Birth Day

In Birth Day IBDの潰瘍性大腸炎が毎日を素敵にしたいサイト

潰瘍性大腸炎のお腹はドラ息子??治そうと思わない生活が救ってくれたこと

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎と診断されて約4年。入院したこともありましたが、現在、元気に毎日仕事が出来ています。

そんな私が、今回の記事では、潰瘍性大腸炎としての、自身のお腹との向き合い方について書いてみました。

f:id:uuuta1122:20190304102129j:plain

潰瘍性大腸炎は治そう。と思わないことが大切だったこと

潰瘍性大腸炎になってから、私は診断される前よりも、お腹に対して神経質になるようになりました。

私が潰瘍性大腸炎を診断された経路はこちら
www.kotokotostorys.com

潰瘍性大腸炎と診断されてからというもの・・・

ちょっと朝の下痢が多かっただけで、「腸のびらんは大丈夫かな。」とか。

ちょっとお腹がゴロゴロしたら、お腹の具合が悪いみたいだから、ごはん食べないほうが良いのかな。とか

トイレの回数が多いと、トイレが多いってことは、潰瘍性大腸炎の悪化!?と落ち込むので、トイレを我慢したりとか・・・

f:id:uuuta1122:20190304102150j:plain

このような経験をされた方、私以外にもいるんじゃないかな。と思いました。

スポンサー広告



潰瘍性大腸炎はずっと向き合っていく病気だったこと

そんな感じで、発症したころは、毎朝、自分のお腹に大丈夫かな。とかを思う毎日でした。

けど、なんとなく、あるときから、感じるようになりました。

潰瘍性大腸炎は、ずっと向き合う病気だから、こんなに、毎日毎日、お腹が大丈夫か??と、自分が心配しているのは、

もっと、お腹に悪いんじゃないかな。と。


もちろん、しんどいときはしんどいんですが。

自分にとってのお腹の健康の基準値は、他の人とは違う。

それから、ちょっとずつですが、潰瘍性大腸炎に対する、自分の考え方を変えることにしました。

たぶん、潰瘍性大腸炎の自分は、【普通】の人のお腹の健康の基準で

自分のお腹の健康の基準値を作らないこと

普通の人の、快適な腸生活よりも、何歩かレベルを下げたものが、自分にはちょうど良いこと

下痢があったり、ちょっと下血があっても良いじゃない

そう考えると、私は、病気だから、みんなよりちょっと腸が弱くても、それが自分にとっての普通と受け入れれば、問題ないんです。

いまの通院している病院では、下血がちょっとでも出てきたら、食事制限をするように。

と言われているので、下血が始まったときは、食事に注意するようにしていますが、

下血がちょっとあっても、それは大丈夫なんです。この病気のせいだから。

出るものは出しましょう。

私のお腹がドラ息子

私は、自分のお腹は【ドラ息子】だと思っています。

だって、そうじゃないですか??

ちょっと、遠くに買い物でも。と思ったら、まずはトイレで今日の腸の様子と会議するし、

食べる食事を注意しなきゃ、腸が血を吐くし

自分のお腹はドラ息子だから、まあ、こんなもんか~と思えるようになってからは、だいぶ気が楽です。

f:id:uuuta1122:20190304102231j:plain

潰瘍性大腸炎を完治させようと思わない生活

潰瘍性大腸炎は、病気を完治させようと思わないことで、ちょっと、患者としての心が軽くなるような気がします。

だって、治そうと思ったら、プレッシャーになるだけだったし、

ネットで 【潰瘍性大腸炎 完治】

って検索しても、病院の先生が書いたようなものではなく、あくまで個人サイトなので、医療のエビテンス(科学的根拠)がないことに困惑するだけです。

潰瘍性大腸炎とは、

この病気と上手く付き合うってことという気持ちが大切だと思います。

スポンサー広告



完治させようと思わないことで症状が落ち着いた

無理やり、ぜったい完治させよう。とがむしゃらに思うのは自分が辛くなります。

とか言いつつ、私も発症したころは、完治させるど----!!!とか思ってたけど笑

そうやって、お腹をちょっと大きな目で見てあげると、ストレスが減って、症状が落ち着きました。



私はお腹を【どら息子】と呼んでいます

そう思うと、お腹にいつも、一定の妥協をつけてあげられるからです

自分がちょっと、お腹を甘やかしてあげると、自分にも優しくなれました。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day