潰瘍性大腸炎の彼氏とのデート先と食事。ファストフードの後悔

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。項目が上のカテゴリ帯で分かれています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎の彼氏と付き合ったばかりのときにいったデート先は、いわゆる普通でした。

スポンサー広告


映画館や、ショッピングモール

食事もレストランでパスタを食べることもあれば、マクドナルドに入ることもある。

私は彼が潰瘍性大腸炎であることを聞いていましたが、至って普通でした。

f:id:uuuta1122:20190128103252j:plain

注意!

今回の記事の内容を最初にネタバレすると、

潰瘍性大腸炎の彼氏と、ハンバーガーとかも普通に食べていたけど、

のちにそれは、あまり良くなかった。

と知る内容になっています。

病気には個人差がありますが、無理は厳禁です。

潰瘍性大腸炎の彼氏と付き合ったばかりのときのデート先は映画館。

潰瘍性大腸炎の彼と、初めていったデート先は映画館でした。

そのときは、まだ、彼が潰瘍性大腸炎であることを知らなかったのですが、

この2週間後には、知ることになります。

f:id:uuuta1122:20190128103254j:plain

映画館のデートは、とくに、どちらが行きたい、と言い出したわけでもなく、

そのときに無料の招待券を持っていたので行ったような感じです。

お腹の不調とかは言われなかった。

とくに、彼からおなかが痛い。などと言うことは聞いてませんでした。

が、しいと言ったら、席を選ぶときに、結構すいていたのに、

隅っこの席にしてほしい。

と彼から希望があったことです。

普通、映画館は中央のほうが見やすいですけど、

いまなら、トイレに途中で立つときのため、ってわかります。

彼から、潰瘍性大腸炎であることを聞いた。けど、とくに工夫する必要はないらしい。

そんなころ、ひょんなことから、彼が潰瘍性大腸炎であることをききました。

しかしながら、そのときの彼は、

初期症状のひどさが、初めて処方された潰瘍性大腸炎の薬によって一気に回復していたときで、

彼自身もいたって元気。

彼からは、薬さえ飲んでいれば問題ない。

と聞いていたので、

特に気を遣ったり、工夫をする必要はないんだな。

と感じました。

また、ネット上でいろいろ検索しても、

専門的な難しいことはいろいろ書いてあっても、実生活についての記事が少なかったこともちょっと困った理由でした。

ショッピングモールに行ったり、電車移動、ドライブもできた。

そんなこんなで、彼が潰瘍性大腸炎であることを知った後も、

私たちの生活は至って、普通の恋愛そのものでした。

普通にショッピングモールに買い物も行くし、

電車で片道1時間半のところまで観光にも行きます。

デート場所を考えるのは、だいたい私でしたが、これは性格的な問題で、

決して、彼がデートが嫌。というわけではありませんでした。

スポンサー広告



トイレ問題のために、綺麗な場所に行くことは注意していた。

しいと言って、私が一つだけ注意していたことは、

ウォシュレットの洋式トイレが、男子トイレにもあるような、

比較的きれいな場所でデートすることでした。


だって、潰瘍性大腸炎はトイレがないことへのストレスが一番病気に辛いです。


なので、トイレがないような、

いわゆるど田舎ハイキングとかに行くと、楽しむものも楽しめないわけです。

幸い私も、アウトドアには興味がないので、そんな選択肢はもともとなかったですが、

綺麗なトイレが沢山あるかどうか、ここだけは最低限意識していました。

デートの食事は? ファストフードやハンバーグ、ラーメンも食べていた。

デートの食事は、私が外食歴があまりないことから、(というか、私は外食が好きでない。)

だいたい、彼が考えていました。

f:id:uuuta1122:20190128103257j:plain

・・・が、だいたい、ファストフードか、ラーメン

めちゃくちゃ身体にわるそうな豚骨どーーんなラーメンもあって、私が無理だったこともあります。笑


もちろん、食事だけではなく、

普通に炭酸のジュース飲むし、

ドーナツやケーキ、アイスなども食べていました。

元気すぎて不思議、と思う私と、実は自分の病気をよくわかってなかった彼。

私は、意外と元気すぎる。

といいうか、腸の病気なのに、普通の人より荒れた食生活をしている彼に驚きつつ、

自分の病気は自分が良くわかっているだろう、との考えで、納得し。


しかし、彼は彼で、

自分の病気が診断されたばかりで、食事制限の重要性をわかっていなかっただけだったことを、あとから知ることになります。


というわけで、食事制限が必要であることを知ってからは、

ファストフードには一切、行かなくなるわけですが、これは次回の記事で。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day