潰瘍性大腸炎で、これまでに処方された薬のまとめ。

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。項目が上のカテゴリ帯で分かれています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎歴約4年。これまでに処方された薬の種類について、この記事にまとめます。

プレドニンの減量が結構大変でした。

f:id:uuuta1122:20190309170906j:plain

※これまでの症状は、発症~現在のブログカテゴリに時系列順にしています。
潰瘍性大腸炎の絵日記 発症~現在の症状編 - In Birth Day

潰瘍性大腸炎の発症当時 25歳(下血あり。直腸型)

2015年4月~

・アサコール1日6錠
・ペンタサ坐薬 1日1回

通院は月に1回ペース

潰瘍性大腸炎と診断されて、薬が処方されると、症状は一気に緩和しました。

スポンサー広告



症状がおさまった。寛解期突入

2015年9月~

・アサコール 1日6錠

通院期間は月に1回

この時期は、本当に普通の生活ができています。

アサコールからメサラジンに投薬変更され潰瘍性大腸炎が徐々に悪化

メサラジンは、アサコールのジェネリック版です。

2016年 4月~

・メサラジン 1日6錠 

f:id:uuuta1122:20190309170106j:plain

通院期間は月に1回

ジェネリックなので、薬効は変わらないのですが、このときから、じわじわと、症状が悪化することになりました。

再燃し、毎日の下血と真っ赤に染まるトイレもときどき

2016年 6月~
(ジェネリックになって、たった2か月で悪化し再燃しました。)

・アサコール 1日6錠
・ペンタサ坐薬 1日1回

f:id:uuuta1122:20190309170211j:plain

通院3週間に1回

症状が悪化したので、先生に受診するも、ステロイド処方などの手当がされず、転院することを決めます。

緊急入院 ステロイドとペンタサ顆粒スタート

転院時は、いきなりの緊急入院から始まりました。

入院中は、プレドニン60mg~の点滴が始まり、退院時までに20mgまで減量しています。

2016年 9月(退院時の薬)
・ペンタサ顆粒 (2000mg) 1日2袋

・ラベプラゾールNa錠 サワイ 1日1錠 

f:id:uuuta1122:20190309170337j:plain

プレドニン (減薬療法)

下血がなくなっても、プレドニンはゆっくり減量しなければならない薬の種類です。

入院当時は60mg~20mgに減らしていた。
プレドニンは、1日1個5mg入っている量を、少しずつ減量することになる。

・プレドニン 1日15mg 14日分

・終了後 プレドニン 1日10mg 16日分

・ロキソニン 20回分(頓服)← G-capの頭痛用

目に見える下血がないので、座薬終了

退院1か月後の薬 プレドニン減量

プレドニン 
・1日 1錠 5mg 14日分
・終了後 1日 0.5錠 2.5mg 14日分

これにて、プレドニンは終了

f:id:uuuta1122:20190309170443j:plain

・ペンタサ顆粒94% 1日2袋

・ビオスリー  1日9錠

・ラペラゾール 10mg

症状が落ち着いてから、2017年3月までの薬

プレドニンも終了して、目に見える下血が無い時期

・ペンタサ顆粒

・ビオスリー

f:id:uuuta1122:20190309170524j:plain

若干の下血スタート。坐薬追加 2017年3月

若干の下血があったので、ペンタサ坐薬が追加

・ペンタサ坐薬1日2回

・ペンタサ顆粒

・ビオスリー 1日9錠

f:id:uuuta1122:20190309170610j:plain

これで、症状はすぐに収まった

この期間に結婚するが、先生から、ペンタサ等が、こどもに影響がないことをきく。

このまま、40日間隔で通院して、2018年。平成30年1月に。

平成30年1月 リアルダに変更

ペンタサの顆粒は、リアルダに変更になります。(こどもの影響なし。)

・ビオスリー 1日9錠

・リアルダ 1日4錠

・ペンタサ坐薬1日2回

f:id:uuuta1122:20190309170659j:plain

リアルダはのちに、アンケートに答えたら、クオカードがもらえました。★

リアルダに変更になってから、便潜血検査で、潜血が全く見えないときがあるなど、症状が一気に回復。

スポンサー広告



平成30年7月 ペンタサ坐薬が1日1錠になる。

便潜血検査に異常がないので、ペンタサ坐薬は、本来、1日1錠がおすすめなことから、1日1錠に減量。

・ビオスリー 1日9錠

・リアルダ 1日4錠

・ペンタサ坐薬1日1回

f:id:uuuta1122:20190309170739j:plain

11月から、徐々に下血が始まるようになり、下血が始まって、2週間で、予約を繰り上げて受診。

再燃したが、座薬を2回にもどすことで2か月で寛解に。

便潜血検査でもハッキリ潜血が認められるほどに悪化していて、ペンタサの座薬を1日2回にもどすことに。

平成30年 11月

・ビオスリー 1日9錠

・リアルダ 1日4錠

・ペンタサ坐薬1日2回

f:id:uuuta1122:20190309170827j:plain

12月には、下血の量も減ってきて、1月にはまた、便潜血検査で潜血がない寛解。

2月ももっと、潜血が減るようになった。

※ 現在も同じ内容で寛解期継続中

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day