In Birth Day

In Birth Day IBDの潰瘍性大腸炎が毎日を素敵にしたいサイト

入院3日目。潰瘍性大腸炎の下血が3日で減少した。ステロイドとG-cap

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎の下血が毎日になって、トイレが真っ赤に染まることも出てきたので、病院を受診すると、その日に緊急入院することになったのですが、

入院して、ステロイドと、G-capの治療をすると、3日程度で下血が収まってきました。


※この記事は入院3日目です。最初から読む方はこちらへ。
www.kotokotostorys.com

下血が酷いので、G-capの治療とステロイドを点滴から入れた。

下血が酷いことがあって、もちろん、入院したら絶食。ステロイドを点滴でながしながら、週に2回はG-capの治療を受けました。

で、入院3日目は、週に2回のG-capはないので、ステロイドの点滴と、栄養剤の点滴を受けるだけ。

・・・結構、暇な入院生活になります。(ドラマワンクールが余裕で見えます。)

ずっとベットでごろごろするのも体に悪いよなあ。と思い、ときどき、点滴棒を押して、病院の廊下をぞろぞろ歩きながらの入院生活です。

スポンサー広告



下血が減ってきた。ステロイドのおかげ?

入院3日目で下血が減る。なんて相当に早いですが、

入院前は、毎日で、トイレが真っ赤に染まることもあった下血は、どんどん減少していました。
G-capをしたのは、入院1日目の1回だけだったので、ステロイドの点滴が効いたのかな。と思います。

ステロイドは点滴で、1日60入れていたので、結構、多かった。

けど、効果はテキメンでした。

ステロイドの副作用

ステロイドは、副作用が怖いっていうし、点滴でステロイドを入れている量も結構だったので、副作用は出やすいのでは??

とかなり心配でしたが、幸い、副作用は、入院3日目の時点では出ていません。

ステロイドについては、入院から1週間で一気に減量するのですが、それでも、ステロイドは急に断薬することが出来ない薬なので、4か月飲むことになります。

下痢の回数は減っていない。

下血が減少したとはいえ、下痢の回数はよくませんでした。

そもそも、食べてないんですけどね。点滴の栄養やから。

げど、下血が見るからに減ったので、それが嬉しかったです。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day