アサコールをジェネリックのメサラジンにしたら症状が悪化したこと。偶然!?

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。項目が上のカテゴリ帯で分かれています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎と診断されてから、アサコールの錠剤のおかげで症状は収まりました。

が、アサコールの錠剤をジェネリックにした途端、なぜか症状が悪化。

診断されて、約1年くらいのときでした。

f:id:uuuta1122:20190309161134j:plain

1年前に発症してから、潰瘍性大腸炎の症状は落ち着いていた。

2015年4月に26歳で潰瘍性大腸炎と診断されてから、ペンタサ座薬とアサコール
を処方され、

アサコールの錠剤と、ペンタサの座薬と整腸剤を飲むことで、下血や下痢の症状はなくなっていました

f:id:uuuta1122:20190309161201j:plain

このころは、下痢も少ない分、本当に健康的な生活が出来て、

のちに反省するとはいえ、ハンバーガーとかも普通に食べていました。

(このころ、彼女の私は、潰瘍性大腸炎の食事制限の知識がなかった)

で、下血がおさまったときにペンタサの座薬は終了したのですが、それでも、アサコールのおかげで大丈夫でした。

スポンサー広告



主治医の提案でアサコール薬がジェネリックに変更になると悪化

発症して約1年の2016年の5月ごろに、先生からの提案で、アサコールの薬がジェネリックに変更になりました。

f:id:uuuta1122:20190309161313j:plain

ジェネリックになったとはいえ、薬効は同じはずなので、あまり気にせずにいたのですが、

なぜか症状が悪化。


7月くらいから、週に何度かの下血や、一日複数回の下痢

8月に入ると、下血は毎日になります。

これは明らかにおかしい。

と思いつつも、潰瘍性大腸炎で薬をもらうための受診は、当時2か月に1回程度だったので、とりあえず我慢していました。

彼女にさっさと受診して、薬を変更するように言われる。

彼女。というか、このブログを書いているのは、嫁側なので、この筆者自身なのですが、

ジェネリックになってからどんどん悪化する症状で、彼女から、

さっさと薬をジェネリックから
いつもの物に戻してもらうように助言されます。

・・・と言われても、ジェネリックの薬効は同じはずなので、正直半信半疑。

けど、彼女は、ジェネリックに薬を変更して、熱が出た経験があって、ジェネリックにあまり良いイメージがないので、主張は強めです。

主治医に、薬を戻してほしい。と依頼するが、断られた。

主治医に、薬をジェネリックから、いつものものに戻してほしい。

と伝えましたが、

「私の医療が信じられないのか??」

の一点張りで、しかもちょっとキレ口調。

話になりませんでしたし、

ペンタサの座薬は出してもらえたものの、ステロイドを出すなどの、効果が強い薬へ変えてもらうことはできませんでした。

というわけで、彼女の主張は、さっさと転院して。に変わります。

どんどん悪化する症状。便器が真っ赤に染まる。

その間も、どんどん症状は悪化して、とうとう、便器が真っ赤に染まることも、週に数回おきるようになりました。

食事もおかゆとかしか入りません。

けど、主治医はしらんぷりで、いまの処方を変更しません。

どんどん膨らむ不信感。

スポンサー広告



やっと転院を決意。有名総合病院はIBD専門?

やっと転院を決意したのは症状が悪化してから、4か月目の2016年10月でした。

で、ここからは次回の記事に書いていくのですが、

私は、セカンドオピニオンのつもりで受診したのに、

いきなり緊急入院が必要。とのことで、初診で入院することになります。


ここで、アサコールがジェネリックでないものに戻れば治るだろう。と踏んでいましたが、出された薬はペンタサの粉末と、座薬でした。

かつ、ステロイド、Gキャップを経験して、

2週間の入院期間のうちに、目に見える下血は無くなるようになります。


で、そこからしばらくは、目には見えないけど、便潜血検査には引っかかることを繰り返していて、

2017年年末に、リアルダに薬を変更してからは、便潜血もクリアーして、完全な寛解期に突入しました。

(この内容の記事は、ずっと先ですね。笑)

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day