下血が治り、潰瘍性大腸炎のペンタサ坐薬は中止になった。

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。項目が上のカテゴリ帯で分かれています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎と診断されてから、下血がある間は1日1回いれていたペンタサの座薬ですが、下血の症状が落ち着いたら、処方されなくなりました。


※潰瘍性大腸炎でのこれまでの症状は、時系列にそって、発症~現在のカテゴリに入れてあります。今回も、この続きの記事です。
潰瘍性大腸炎の絵日記 発症~現在の症状編 - In Birth Day

下血が治りペンタサ坐薬が中止になった

潰瘍性大腸炎と診断されてから服用していた薬は、ペンタサ坐薬と、アサコールの錠剤でした。

で、この薬が効いたからか、潰瘍性大腸炎の症状であった、下血は収まりました。

で、下痢は収まらなかったのですが、先生の指示で、ペンタサの座薬は下血が収まったので、中止になりました。

ペンタサの座薬はいれるのが大変な薬なので、よかったです。

スポンサー広告



ペンタサ坐薬がなくなっても、体調も悪化しなかった。

毎日していたペンタサの座薬でしたが、下血がおちついたことっで、坐薬が処方されなくなりました

症状が、座薬が処方されなくなったことで悪化に戻ったらどうしよう。と思いましたが、



ペンタサ坐薬をストップしても、症状は悪化しませんでした。

で、潰瘍性大腸炎になっているなかでも、体調の良い期間となり、その期間は、2015年7月~ 2016年 4月くらいと

結構、長い間、症状が収まっている期間をすごしました。

通院で仕事は休むのか。

このときは、まだ転院するまえなので、個人病院に受診していました。

下痢の症状は続いているとはいえ、下血は収まったので、通院は月に1回。

個人病院は土曜日も開いていて、仕事は平日なので、受診は土曜日になるように合わせていました。

なので、仕事には、この時期は迷惑をかけていなかったです。

潰瘍性大腸炎の症状がおちついてるときの生活

この症状が落ち着いていてる期間は、座薬がなくて、飲み薬だけなので、服薬も楽でした。

かつ、症状が落ち着いているので、なんでも食べていましたし、いろいろ出かけたりもしていました。

普通に、隣県まで、車でショッピングとかも行けています。

なので、生活で困るところはなかったです。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day