In Birth Day

In Birth Day IBDの潰瘍性大腸炎が毎日を素敵にしたいサイト

潰瘍性大腸炎と診断されたときの検査。触診と内視鏡

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎と診断されたのは、地元の個人胃腸科クリニックで、触診と内視鏡をしたときでした。

このときの流れを、今回の記事に、まとめます。

f:id:uuuta1122:20190205155350j:plain

潰瘍性大腸炎と診断される前に、長引く下痢と下血で個人胃腸科を受診。

長引く下痢と下血で、個人胃腸科を受診しました。

f:id:uuuta1122:20190205155421j:plain


ちなみに、潰瘍性大腸炎と診断されるまでの初期症状は、この記事にまとめました。


20代で、健康診断も問題なしなのに、いきなり血便が出るって、めちゃ怖くないですか???

無かったことにしたい事実ですが、

収まらないので、病院を受診することになります。

今回の記事は、症状を詳しくというより、診断のときに行った検査についてを、まとめていきますね。

スポンサー広告


ちなみに、

2年経ったいまは、有名総合病院に通院してるんですが、

最初から総合病院にかかれば良かった(; ゚゚)と思うこともあります。

まずは触診。お腹が硬いらしい。

個人の胃腸科クリニックでは、まずは、お腹をだして、触診をしてもらいました。

触診ってあれです。

f:id:uuuta1122:20190205155412j:plain

お腹をだして、先生にベタベタ触ってもらって、検査をする感じですね。

で、ここで、お腹が普通より固い。と言われます。

男性なので、そこそこは固いはずですが。

(このブログは、潰瘍性大腸炎の主人のことを、潰瘍性大腸炎でない嫁が書いているので、

本当は、【彼】などの三人称を使うべきですが、読みやすさのために控えています。)

後日、内視鏡検査をすることになる。(このときは何の病気か、全く分かっていない)

内視鏡は、いきなり当日はできないらしく、

(できるときもあります。)

後日、内視鏡検査をして、大腸の管の様子をみることになりました。

ちなみに、このときは、下血や下痢もあるのに、

どんな病気かは全く分かっていません。

ここらへんの時期が、1番怖いですよね( ˟ ⌑ ˟ )

内視鏡は前々日くらいから食事を調節する

というわけで、人生初の内視鏡検査です。

内視鏡検査は、お腹の中の便を、内視鏡をする前にぜんぶ出す必要があるので、


前々日は、うどんやごはんなど
(いわゆる低残渣食)

前日は、クリニックから支給された、内視鏡の前に食べるご飯を食べます

(これがでないクリニックでは、うどんとかを指導されるはず。)

このクリニックから支給されたレトルトの内視鏡前検査食、

・ビスコ

・スープ

・ウィダーインゼリーみたいなやつ

・鶏肉ハンバーグ

みたいな内容なんですが、

ハンバーグにテンション上げ過ぎないほうが良いです。

・・・・・小さい(╯⊙ ω ⊙╰ )

スポンサー広告


前日は、満腹になったらいけないので、結構、調節をするんですよね。

当日、クリニックか家で2リットルの下剤を飲みます。

これが1番の苦行ですが、

内視鏡の前に、下剤を2リットル飲みます。

下剤。

これは、見た目はポカリスエットです。

ただ、味は、旧式のOS-1を薄くした感じ。


いまのOS-1はわりと美味しいんですが、前のOS-1は、わりとが味が辛かった。


ちなみに、下剤については、

旦那はわりと2リットル飲むのが余裕で(嫌な味じゃないらしい。)

嫁の私も、1度、内視鏡をしたことがありますが、700mlしか飲めませんでした。

下剤を飲んでるときに、便意が出ることはあんまり無い。

この下剤を使って
(別に錠剤の下剤も渡されるときあり。)

便がぜんぶ【水】になるくらいまで、とことんトイレに行って出すことになるんですが、

下剤を飲んでるときは、便意はそんなに起きなくて、

下剤を飲み終わって30分後くらいに一気に出る感じです。


怖がる必要はないですよ。

普通に出るだけなんで。

内視鏡スタート。激痛に悶えるが10分でおわる。

内視鏡、びらんとかがあるぶん、潰瘍性大腸炎の方はめちゃくちゃ痛いはずです。

f:id:uuuta1122:20190205155453j:plain

実際に、潰瘍性大腸炎でない健康な私が、検査のために内視鏡したときは、ほぼ無痛で、

旦那はいつでも、悲鳴を上げるそうです(;_;)

けど、10分で終了するので、頑張ってください。

f:id:uuuta1122:20190205155522j:plain

お尻に、黒いチューブみたいなのを突っ込まれて、それにカメラが付いてて、検査する感じです

なので、先生が入れながら説明もしてくれます。

内視鏡でびらんを発見

内視鏡でポリープが見つかったら、ガンですか??!!って聞くところなんですが、

【びらん】が見つかったようです。

先生に、内視鏡をブッ刺している最中に、

「腸にびらんあるわ。」

って、さらりと言われます

こっちは、内視鏡の激痛でそれどころじゃないけど。

びらんがある。ということで、潰瘍性大腸炎確定らしい。

腸にびらんがある。

ということで、潰瘍性大腸炎確定らしい、ということになりました。

潰瘍性大腸炎は、腸のなかにびらんや潰瘍ができることが特徴ですからね。

いきなり難病。と言われるとびっくりしますが、

それはまた、別の記事で。


なので、ここから、ペンタサとかの薬をもらって、徐々に回復することになります。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day