In Birth Day

In Birth Day IBDの潰瘍性大腸炎が毎日を素敵にしたいサイト

潰瘍性大腸炎の転院が大変だった話

【現在までの症状】
発症 2014.夏頃からじわじわ下痢と下血
診断2015.4 直腸型活動期 ~ ゆっくり寛解へ 7月に嫁と出会う
2016.7~下血・下痢悪化 10月2週間入院 12月入籍
2017.3 住宅フルローン購入 目に見える下血なし 12月からリアルダ
2018.1~ 便潜血なし 寛解期
2018.11 ペンタサ座薬減薬による微量下血
2019.1~寛解期 3月~不妊治療中
このブログは潰瘍性大腸炎本人の旦那の様子を妻が書いています。現在双方30歳
記述的に、彼目線で書いている記事も多々あります

潰瘍性大腸炎と診断され、アサコールでしばらく症状が落ち着いていたものの、1年後には徐々に悪化していきました。

なので、転院することにしたんですが・・・ この転院が大変だったんですよ。

f:id:uuuta1122:20190225112742j:plain

潰瘍性大腸炎の転院が大変だった話

あくまでも自分の体験談にすぎないんですが、潰瘍性大腸炎の転院は大変でした。

2015年4月に診断されてアサコールを処方されてからは、当初の下血は落ち着き、普通に生活が出来ていたのですが、

2016年の夏ごろから、徐々に悪化。下血が週に1回始まったか。。

f:id:uuuta1122:20190225112757j:plain

と思えば、その2週間後には、毎日の下血と、週に1回くらいの頻度でトイレが真っ赤になりました。

スポンサー広告


で、この発端は、あくまで自分の場合はアサコールをジェネリックにしてからだったんですね。前回の記事で。→ 
アサコールをジェネリックにしたら症状が悪化したこと。偶然!? - In Birth Day

なのに、主治医は投薬を変更してくれなかったので、転院することになるんですが、この転院が大変だったんです。

理由は専門病院の少なさ、特定疾患の申請のめんどくさ、前の主治医が頑固!!

潰瘍性大腸炎の転院が大変だった理由は

・専門病院の少なさ と、
・特定疾患申請のめんどくささ と、
・主治医の頑固さ でした。

順位を付けるとしたら、主治医の頑固さがトップでしょうか?? 

紹介状がもらえなかったですから。

専門病院の少なさ。IBD専門科って知ってる??

潰瘍性大腸炎の転院を考えたときに、まず困ったことは、どこに転院するの??ってことでした。

当時、通院していた病院は個人だったので、そこそこ大きな病院に行けば、いまよりはマシってことは分かりましたが、

自分の場合は、潰瘍性大腸炎になってから加入できたメットライフの保険に、病院紹介サービスがあったので、

そこに相談すると、IBD専門科がある病院だと、消化器の炎症疾患、つまり、クローン病や、潰瘍性大腸炎に特化した病院だから、とのことでその病院を紹介してもらうことができました。

f:id:uuuta1122:20190225112816j:plain

で、条件は、現在通院している病院で、紹介状をもらうこと。だったんですね~ 

特定疾患の申請のめんどくささ

転院が大変だった2番目の理由は、特定疾患の申請のめんどさ。でしょう。

潰瘍性大腸炎の助成を受けるには、認定証に、病院や、薬局の指定を自分で指定して受けて、そこ以外の病院では助成が受けられないですよね。

で、なので、初診で転院先を受診したときは、まだそこの病院が自分にとっての助成が受けられる病院ではなかったのですが、

なんと、初診の当日に緊急入院になったので、自分で助成申請をすることが出来なくなったのです。
これについては、入院中に家族が保健所に行ってくれたので解決はしましたが、大変でした。

先生の頑固さ

転院先の病院は見つかった。とはいえ、その病院は大きな病院なので、紹介状がないと受診できない。ということが条件でした。

なので、受診している個人病院に、紹介状をください。

というも、「僕の診察が信じられないのか??」

と怒られ、診断書をくれません。かつ、症状が悪化しているから受診しているのに、薬も変えてくれません。(アサコール錠剤と整腸剤のみ。)

こんな先生の受診を受けている間に、症状は悪化し、どんどん衰弱しました。

f:id:uuuta1122:20190225112835j:plain

そこで、彼女がそのIBD科のある総合病院に、現在の症状を伝えて、どうにか紹介状なしで受診できないか。ということを電話します。(結構しつこく・・・・)

スポンサー広告


普通、本人の家族でもない人からの電話はまともに受け取らない病院も多いとは思うのですが、幸い、その病院は考慮してくれて、

なんとか、電話の方が先生に直接相談してくれて、紹介状のない初診の許可をくれました。

なので、転院することができたのです。

う~~ん。 紹介状を書くのって、医師法の義務とかじゃなかったっけ???と私は思うのですが

嫌な先生は嫌。ですね。

では、次回の記事では、転院したときの体調について記事にします。

f:id:uuuta1122:20190225112858j:plain
www.kotokotostorys.com


つまり、こんな症状だったから緊急入院になった。ってやつですね。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 In Birth Day